鉄道擬人化図鑑

281系「はるか」

車輌紹介

281系「はるか」281系「はるか」

製作 JR西日本
種別 特急
列車名 「はるか」
車輌形式 281系
走行区間 京都(草津・米原)〜関西空港
最高速度 130km/h
登場年 1994年

 1994年(平成6年)、大阪府南部に関西国際空港が開港。それに伴い南海電鉄の泉佐野、またJR西日本 阪和線の日根野から空港へ至る鉄道路線が敷設され、関西各地へ空港アクセス特急が走り出す。

 JR西日本がその空港アクセス用に新造したのが、この281系「はるか」である。6両または9両編成で、うち1両がグリーン車。関西空港と京都を、天王寺、西九条、新大阪経由で結ぶ。所要時間はおよそ70分。一部列車は京都の先、滋賀県の草津、米原まで運転される。

 また朝晩に限定し、阪和線内の途中駅である和泉府中、日根野にも停車。空港アクセス特急という側面のほか、通勤特急的な要素も併せ持つ。

281系「はるか」281系「はるか」

 さて、和風のイメージを持つこの列車の愛称名「はるか」は、始発駅が京都であることがその由来のひとつ。そうした「古都」、「」のテイストを醸し出すロゴマークが車体に入れられているほか、内外装に■を複数あしらった模様が描かれ、京都の碁盤目の街を想起させる。

 それゆえ、この車輌に対しても和風のイメージが大なり小なり抱かれるところだが、しかしそれ以外、その車輌自体に特に目立つ和の要素はない。車輌デザインの根幹にではなく、アクセント、またひとつの表現手法として「和」が用いられている、といったところだろうか。基本的に、JR西日本の特急形電車に共通する標準的な内装を持つ、実直な構造だ。白と青の明るくすっきりした外装、暖色系の内装と、全体的に落ち着いた雰囲気を漂わす。

 そのほか、車内に大型の荷物置き場を備えるなど、空港アクセス特急としての能力が与えられている。またかつては、京都シティエアターミナルでチェックインした荷物を直接搭乗便へ運ぶサービスも行われており、そのための専用荷物室も持つ。

実車分析

分析スケール
日常 ├─┼─┼─┼─╂─┼─■─┼─┤ 非日常
カジュアル ├─┼─┼─┼─╂─┼─■─┼─┤ フォーマル
├─┼─┼─┼─╂─┼─■─┼─┤
汎用 ├─┼─┼─┼─╂─┼─■─┼─┤ 限定
実利的 ├─┼─■─┼─╂─┼─┼─┼─┤ 趣味的
地味 ├─┼─┼─■─╂─┼─┼─┼─┤ 派手
没個性的 ├─┼─┼─┼─■─┼─┼─┼─┤ 個性的
保守(思想) ├─┼─■─┼─╂─┼─┼─┼─┤ 革新(思想)
保守(技術) ├─┼─┼─┼─■─┼─┼─┼─┤ 革新(技術)
キーワード (上記文中の赤字部分)
特急「はるか」 / 空港アクセス用 / 通勤特急的な要素 / 和風のイメージを持つこの列車の愛称名 / 古都 / 和 / 車輌デザインの根幹にではなく、アクセント、またひとつの表現手法として「和」が用いられている / 実直 / 明るくすっきり / 落ち着いた雰囲気 / 大型の荷物置き場 / 専用荷物室
その他所感
-

擬人化 【D-TYPE】

281系「はるか」
キャッチフレーズ
「はんなり色白京美人」
イメージ(全体)
上品で落ち着いた、おしとやかで色白の京美人。
イメージ(外見)
基本的にスーツ。そこに着物、和風のデザインを。
性格・行動の傾向
おっとり(≠のんびり)と、優雅な感じ。品があって、明るく、物腰柔らか。表情の変化は少なく、大きく口を開けて笑ったりは絶対にしない。どちらかというと無表情な方かもしれないが、柔和な微笑みを絶やさない。テレビ等に映る祇園の舞妓さんに、どこか通じるものがある。
そんな浮世離れした雰囲気を若干持つけれども、基本的には現実的で堅実。自己主張も程々で、効率や利便性を犠牲にしてまでやりたいとは思わない。
行動力があり柔軟性も高く、バリバリ仕事が出来る。だがそこに、あくせくした雰囲気を感じさせない。
チャームポイント
清楚で、アクがなくすっきりと、(ちょっと古風な)日本女性らしく凛として、落ち着いた雰囲気。ほのかに薫る雅さ。色白の肌。

参考

鉄道擬人化「Rail-G Station」 | 〈製作〉恵知仁 | 2005.05.20 初出 / 05.24 改訂 / 06.05 改訂